協賛企業からの声・各社のサスティナビリティ/CSRへの取り組み紹介

協賛企業

サラヤ株式会社
サラヤ株式会社 ロゴ

社会と企業との関係は、例えて言えばコインの裏表で、それぞれが影響し合いながらしっかりとつながっています。近年、世界経済の急激な拡大や人口の増加、気候変動など様々な要素で社会が不安定になり、経済や社会の持続可能性が問われています。また日本においては少子高齢化社会を迎え、多くの社会課題がうまれています。これらの解決に、企業の役割は大きなものがあります。サラヤでは「世界の衛生、環境、健康の発展に貢献すること」を事業目的とし、その目標達成に向けてグローバルなネットワークを構築、国内外に独自の商品やサービスの提供を行うことで事業を発展させてきました。このビジネスコンテストを通じて、同じ志を持った企業、団体、個人の連携を通してさらに新たなアイデアがカタチとなり、ますますソーシャルビジネスへの取り組みが活発になることを大いに期待したいと思います。

サスティナビリティ/CSRへの取り組み紹介

創業1952年のサラヤは、21世紀早々の2004年からボルネオ島の生物多様性保全活動に取り組み、同時に持続可能なパーム油の原料調達に向けた活動を展開してきました。アフリカ・ウガンダでは、ユニセフを支援して子どもたちへの石けんを使った正しい手洗い教育と普及活動を行っています。さらに現地活動で目の当たりにした劣悪な状況にある医療施設の衛生環境の改善を目的に、11年には現地法人サラヤ イーストアフリカを設立しました。12年からJICAの「BOPビジネス連携促進」の助成金支援を受けて感染予防のためのアルコール手指消毒剤を医療現場に普及させるFSを実施。その実現性を検証した結果を受けて14年から現地製造を開始し、現地雇用を生み出しながら東アフリカの抱える衛生課題を解決する持続可能なビジネスに挑戦しています。サラヤは本業のビジネスを通じて社会課題を解決し、SDGs達成と持続可能な事業の発展を目指し、新たな事業に取り組んでいます。

公式サイト
http://www.saraya.com/

伊藤忠商事株式会社
伊藤忠商事株式会社 ロゴ

国際社会の情勢はかつてないスピードで変化し、これまで国や公共団体が担ってきた社会の課題を解決していく役割は、新しい付加価値をつけた「ソーシャルビジネス」の担い手として企業やNPOなどに大きな期待が集まっています。伊藤忠商事は企業理念「豊かさを担う責任」およびコーポレートメッセージ「ひとりの商人、無数の使命」のもと、社員一人ひとりが現場に根ざした社会の課題の解決に注力していくことを目指しています。我々と同じ「思い」を形にして活躍されている新たなリーダーとともに、持続可能な社会の実現に貢献していきたいと考えています。

サスティナビリティ/CSRへの取り組み紹介

伊藤忠商事は持続可能な社会の構築に向け、「三方よし」の精神のもと、事業活動を通じた取り組みに加えて、アマゾン等での熱帯林再生や生態系の保全プラグラム、アートを通じて次世代育成・国際交流・地域貢献を実現する「伊藤忠青山アートスクエア」、被災地の子どもたちの夢を応援する「伊藤忠子どもの夢ファンド」などにより、持続可能な開発目標(SDGs)達成にも寄与し、グローバル企業としての社会的責任を果たしていきます。

公式サイト
https://www.itochu.co.jp/

グロービス経営大学院
グロービス経営大学院 ロゴ

グロービス経営大学院は、社会の「創造と変革」を導くビジネスリーダーを育成する教育機関として2006年に開学し、MBAプログラムを提供してきました。開学以来、常に社会的善のビジネスにおいて、社会にとって有用な新たな価値を創造し、既存の枠組みにとらわれず社会を変革し続けるリーダーを輩出することを通じて、社会貢献に寄与することを志しています。こうした想いが、日本経済新聞社の想いと重なり、今回ご協力させていただく機会へとつながりました。このコンテストを通じて、社会的課題を解決しようとするリーダーたちに光が当たることで、彼ら彼女らに続く人たちの心に火がつき、次代のリーダーが生まれることを大いに期待しています。

サスティナビリティ/CSRへの取り組み紹介

グロービスでは、社会に対する「創造と変革」のイニシアチブを取るべく、一般財団法人KIBOWや一般社団法人G1サミットの運営に携わっています。KIBOWは、東日本大震災発生の3日後に始動した救援・復興支援プロジェクト「Project KIBOW」がベースになっており、主に東北で活動しています。G1サミットは、09年に「日本版ダボス会議」を目指して始動。混迷する世界にあって、次世代を担うリーダー層が集い、学び、議論し、日本再生のビジョンを描くための場を提供しています。

公式サイト
https://mba.globis.ac.jp/

太陽有限責任監査法人
太陽有限責任監査法人 ロゴ

太陽有限責任監査法人は、会計専門サービスを通じて、経済社会に不可欠な基盤の整備・維持に貢献したいと考えております。会社形態にとらわれないソーシャルビジネスは、将来の社会構造を変革させる大きな可能性を秘めていると考えられています。一方で、その取り組みは、我が国においては比較的新しく、今後、さらに社会への影響力を強めていくためには、改善できる部分もあると思われます。特に、弊社の専門領域である会計や内部管理体制の整備に関するアドバイスによってソーシャルビジネスに貢献することは私共の使命と考えております。微力ではありますが、ソーシャルビジネスが、社会的基盤として広く定着していくためのご支援を行って参ります。

サスティナビリティ/CSRへの取り組み紹介

東日本大震災の復興支援を継続して行っています。具体的には、中小企業基盤整備機構東北本部の復興支援センターに、公認会計士を派遣して(約10名を登録)、復興を目指す方々が補助金の申請を行うための事業計画作成などのアドバイスをしています。主に、気仙沼、石巻、仙台、蔵王などで活動しています。また、Grant Thorntonでは、CSR Dayを設けて各国のメンバーファームが活動しており、日本では、FITチャリティランや東京ベイ・クリーンアップ大作戦などに参加するとともに、継続的に公益社団・財団法人やNPO組織の支援など、高度なスキルと専門性、豊かな経験をベースとして、職員が主体的にCSR活動に参画しています。

公式サイト
http://www.grantthornton.jp/aboutus/audit/

株式会社
日本政策金融公庫
株式会社日本政策金融公庫 ロゴ

政策金融機関である当公庫は、日本経済の発展への貢献を念頭に、政府の成長戦略等に基づき、ソーシャルビジネスを支援してきました。今やあらゆる企業が、地域や社会を取り巻く問題と向き合わざるを得ない時代であり、より複雑化する地域や社会の課題解決に向けて、ソーシャルビジネスはさらに広がっていくことが求められています。ソーシャルビジネスの健全な発展と一層の理解促進を目的とする本賞は、当公庫の想いと重なることから、今回の協賛につながりました。本賞を契機として、一人でも多くの社会変革の担い手が現れることを願っています。また、そうした担い手が志を実現できるように、これからも当公庫はソーシャルビジネスをサポートしていきます。

サスティナビリティ/CSRへの取り組み紹介

中小企業・小規模事業者や創業企業、NPOの抱える多様な経営課題の解決に寄与するために、各種の経営支援セミナーを実施しています。また、将来の起業家を増やすための取り組みとして、高校生を対象としたビジネスプランコンテスト「創造力、無限大∞高校生ビジネスプラン・グランプリ」を開催するなど、金融支援にとどまらない、様々な取り組みを推進しています。

公式サイト
https://www.jfc.go.jp/n/finance/social/

株式会社
リクルートキャリア
株式会社リクルートキャリア ロゴ

1960年、高度経済成長期の日本において「就職先を自分の意思で選ぶ」という価値を市場に提案し、私たちの事業は始まりました。現在掲げるビジョンは、「ひとりでも多くの人たちが『働く喜び』を膨らませ、『働く喜び』の輪が、新たな活力を生み出している社会を創りたい」。雇用・労働環境に大きな変化が起きている日本社会において、私たちの事業も社会起点であることが不可欠です。『リクナビ』『リクナビNEXT』『リクルートエージェント』といった既に多くの求職者・企業に利用されている事業はもちろん、未経験からチャレンジできる正社員求人を紹介する『就職Shop』、介護業界を盛り上げる『HELPMAN JAPAN』等、全てが社会課題を解決すべく存在する事業だと考えています。ぜひ、今回「日経ソーシャルビジネスコンテスト」に参加されるみなさまとともに、社会課題の解決をさらに加速させていきたいと思っております。

サスティナビリティ/CSRへの取り組み紹介

「世の中にはどんな仕事があるんだろう」「自分はいったい何がやりたいんだろう」。「働く」を考えるきっかけを得ることは未来を担う子どもたちにとって、とても貴重な体験です。日本の「働く人」が減少していくこれから、次代を担う子どもたちが、仕事に対して前向きな思いを寄せ、健全な労働観を育んでいくことは、日本経済の発展のために必要不可欠なことと考えています。私たちリクルートキャリアは、これまで培ってきた「働く」に関するノウハウを生かし、キッザニア東京・甲子園に「お仕事相談センター」を出展。子どもたちが好きな仕事にチャレンジし、遊びながら「働く」を学べる体験を提供していきたいと考えています。

公式サイト
http://www.recruitcareer.co.jp/company/csr/